ラクビの論文「酪酸菌配合サプリメント摂取による痩身効果」を検証

腸内環境
この記事は約19分で読めます。
みぽまる
みぽまる

こんにちは!
ズボラおばさんのみぽまるです。

以前、「Lukubi(ラクビ)」という
酪酸菌サプリメントのレビュー記事を記載しました。

 

腸内環境(体内環境)を改善するサプリメントとして
有名雑誌に多数掲載されるなど
メディアも注目しているようです。

 

行政指導後のラクビの評判やどんな効果が期待できるのかを検証!
みぽまる こんにちは! ズボラおばさんのみぽまるです。 7秒に1袋売れているという「Lakubi(ラクビ)」 篠田麻里子さんも愛用中とのことで、 目にする機会が増えました。 ...

 

ダイエットのキーポイントとなる
「短鎖脂肪酸」に注目し、
酪酸を作る酪酸菌にこだわった商品であります。

 

《公式》ニコリオ公式ストア Lakubi ラクビ 送料無料

 

「短鎖脂肪酸」という言葉は
あまりなじみがなく知らないので
調査を進めていると…

 

短鎖脂肪酸とは何?ダイエットとの関係と肥満を防ぐメカニズムに迫る
みぽまる こんにちは! ズボラおばさんのみぽまるです。 最近のブログでは、 短鎖脂肪酸を主成分として配合する サプリメントのレビュー記事を記載してきました。 得られた情報と...

 

なんと、ラクビの痩身効果を
実験した論文が出てきました。

 

公式の販売ページには
論文を発表しているとはどこにも書いていなく
診療と新薬・第 55 巻 第 7 号(2018 年 7 月)に
掲載されているようです。

 

引用元:https://www.shinryo-to-shinyaku.com/db/pdf/sin_0055_07_0526.pdf

 

痩身効果について検証しているのに
どうしてこのことをセールスポイントにしないか
と疑問に感じてしまいました。

 

そこで、今回のブログでは、
ラクビの論文の内容について検証していきます。

 

果たして、ラクビの論文
「酪酸菌配合サプリメント摂取による痩身効果」
の結果はいかに?

 

ラクビによる痩身効果を検証する背景

健康

ラクビによる痩身効果を検証する背景には、
肥満は健康を脅かすことから
美容よりも健康維持は重要であるからです。

 

「腸活」という言葉も生まれ、
腸内から健康を作る意識も高まり、
腸内環境の整備が新たな肥満症の治療にも
期待されています。

 

近年の研究では「短鎖脂肪酸」の
肥満を防ぐ働きも明らかになりました。

 

これらの背景により、
酪酸菌を配合したサプリを摂取することで
どのような痩身効果があるのかを
検証するために実施されました。

 

医薬品では当然のように
人を対象とした臨床試験を実施していますが
サプリメントではここまでしていないので
ラクビへの良い印象となりました。

 

ラクビ論文での実験方法は

ラクビ論文での実験方法とは
具体的にはどのような内容だったのでしょう。

 

試験期間は、2018年1月24日から
2018年4月20日までの12週間(約3か月間)
でした。

 

試験期間中は、全対象者に
新たなサプリメントや
ダイエットを目的とした医薬品や
ドリンクを摂取しないようにと条件付きです。

 

被験者の対象年齢や条件

ラクビの実験に参加した被験者の
対象年齢や条件は以下の通りです。

 

①対象年齢:
20歳以上39歳未満の健康な女性

②体型:BMIが23以上の者

③ダイエットへの関心があり
ラクビの摂取を自ら希望する者

 

また、参加できない条件の方もいました。

 

<除外基準>
①食物アレルギーのある者
②妊娠中、授乳中の者
③ダイエット効果を期待する医薬品を服用している者
④ダイエット効果を期待する健康食品を摂取している者
⑤そのほか、責任医師が適切でないと認めた者

 

ラクビの効果を純粋に
判定できないことを避けるために
しっかりと試験基準が考慮されていますね。

 

試験統括責任医師も任命され、
医薬品のような検証をするべく試験が
実施されたのだと分かります。

 

比較対象は「こうじ酵素併用(B)」と「非摂取群(C)」

ラクビ単品との比較対象は
「こうじ酵素併群(B)」と「非摂取群(C)」です。

 

具体的な試験デザインの違いは
以下の表にまとめております。

 

A群B群C群
ラクビ単品ラクビ+こうじ酵素非摂取
飲み方毎夕食前1粒
水またはお湯で噛まずに飲む
ラクビ:
毎夕食前1粒
こうじ酵素:
毎食前1粒(1日3粒)
水またはお湯で噛まずに飲む
なし
運動プログラム<ドローイン>
背筋を伸ばした正しい姿勢で腹部を凹ませて戻す運動を20回
<レッグレイズ>
就寝前にあおむけに寝たまま両脚を45~60度まで持ち上げて停止した後、ゆっくり元に戻す運動 10回×3セット
<ドローイン>
背筋を伸ばした正しい姿勢で腹部を凹ませて戻す運動を20回
<レッグレイズ>
就寝前にあおむけに寝たまま両脚を45~60度まで持ち上げて停止した後、ゆっくり元に戻す運動 10回×3セット
指定なし
(普段通り)
食事ルール・間食をしない
・米食は1食につき1膳(150g)
・毎日必ず朝食を摂る
・食べる際は、野菜から食べる
・1口につき30回咀嚼
・20分かけてゆっくり食べる
・食事の量は腹6分目を目安
・20時以降の食事は厳禁
・アルコール摂取時は
缶ビール1は1日1本(350ml)
・間食をしない
・米食は1食につき1膳(150g)
・毎日必ず朝食を摂る
・食べる際は、野菜から食べる
・1口につき30回咀嚼
・20分かけてゆっくり食べる
・食事の量は腹6分目を目安
・20時以降の食事は厳禁
・アルコール摂取時は
缶ビール1は1日1本(350ml)
・間食をしない
・暴飲暴食をしない
・普段通りの食事
・アルコール摂取時は
缶ビール1は1日1本(350ml)
日誌の提出・試験品の摂取状況
・食事の内容
・歩数
・試験品の摂取状況
・食事の内容
・歩数
なし
体重測定レコーディングシート:
毎日の体重の変化を記録
レコーディングシート:
毎日の体重の変化を記録
レコーディングシート:
毎日の体重の変化を記録

参考文献:https://www.shinryo-to-shinyaku.com/db/pdf/sin_0055_07_0526.pdf

 

C群の非摂取群に
A群ラクビ単品とB群こうじ酵素併用群と
同様な運動プログラムや食事ルールを
指示されていないことに驚きです
😨

 

C群の非摂取群も
運動や食事のルールを
同様に指示するべきだと思いませんか。

 

単純に運動や食事だけで痩せた可能性が
検証できないですよね!

 

運動や食事だけで痩せる結果が出てしまうと
A群ラクビ単品を摂取した群と
有意差が出ずに意味が無くなってしまうからでは?
と考えてしまいました。

 

ココが一番大事だと思うのに…。

 

当然、運動や食事管理した方が
痩せるはずですよね。

 

ラクビによる3ヶ月後のダイエット効果

痩身効果

ラクビによる3ヶ月(12週間)後の
ダイエット効果を検証するために
摂取前・6週後・12週後に来所してもらい
以下の項目を測定を実施しました。

 

体重、BMI、体脂肪率体組成計BC-313(株式会社タニタ)にて1回のみ測定
ウエスト(臍部周囲)検査員がテープメジャー(シンワ測定株式会社)を用い、立位の状態で3回測定し中央値を採用
ヒップ(尾てい骨周囲)検査員がテープメジャー(シンワ測定株式会社)を用い、立位の状態で3回測定し中央値を採用

 

平均年齢やBMIなどの被験者の背景

48人(A群16人、B群16人、C群16人)で
試験を開始しました。

 

しかし様々な都合により
最終的に試験を完遂したのは、
36人(A群12人、B群12人、C群12人)でした。

 

中止理由としては、
風邪罹患、家庭都合、仕事都合のようです。

 

各群の平均年齢やBMIなどの
被験者背景は以下の表のとおりです。

項目単位A群B群C群
年齢32.3 ± 6.632.3 ± 5.831.7 ± 4.8
BMI㎏/㎡27.2 ± 4.626.6 ± 1.927.3 ± 2.6

 

<参考:BMI指数>

BMI指数指標判定
18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5~25普通体重
25~30肥満(1度)
30~35肥満(2度)
35~40 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

 

平均年齢31歳~32歳ですので、
最年少は25歳、最年長は38歳だと伺えます。

 

BMIもやや高く27前後なので
肥満(1度)の方が集まっていますね。

 

年齢やBMIなどの数値に関して
各群間の偏りはありませんので、
公平に検証ができますね。

 

ラクビ単品群(A群)と非摂取群(C群)の比較結果

ラクビ単品群(A群)と
非摂取群(C群)の比較結果を
以下にお示しいたします。

 

<ウエスト周囲径(㎜)>

時点ラクビ単品群(A)変化量非摂取群(C)変化量
摂取前91.61 ± 10.6289.41 ± 9.66
6週後87.79 ±  9.92-3.82 ± 5.4890.65 ± 10.881.24 ± 3.09
12週後87.43 ± 11.04-4.18 ± 4.3689.29 ± 10.05-0.12 ± 2.56

ウエストについては、ラクビ単品群(A)で
6週後はマイナス3.82㎜、12週後はマイナス4.18㎜

 

「㎜」は「㎝」の誤りなのでしょうか。

 

「㎜」ではあまりにも
わずかな減少でしかありませんので、
「㎝」で考えてみたいと思います。

 

非摂取群(C)では、
6週後はわずかに増加し、12週後でマイナス0.12㎜

 

これでは変化があったとは言えないでしょう。

 

<ヒップ周囲径(㎜)>

時点ラクビ単品群(A)変化量非摂取群(C)変化量
摂取前103.90 ± 9.42101.12 ± 6.38
6週後100.36 ± 9.14-3.54 ± 1.39100.53 ± 5.97-0.59 ± 1.39
12週後100.48 ± 9.69-3.43 ± 3.2599.75 ± 6.37-1.37 ± 2.32

ヒップについては、ラクビ単品群(A)で
6週後はマイナス3.54㎜、12週後はマイナス3.43㎜

 

12週後で僅かに6週後より増えています。

 

非摂取群(C)では、
6週後はマイナス0.59㎜、12週後でマイナス1.37㎜

 

 

<体重(㎏)

時点ラクビ単品群(A)変化量非摂取群(C)変化量
摂取前71.92 ± 10.5768.37 ± 8.79
6週後71.12 ±  11.47-0.80 ± 1.3368.43 ± 9.300.06 ± 1.04
12週後69.12 ± 11.13-2.80 ± 2.3467.85 ± 9.32-0.52 ± 1.27

体重については、ラクビ単品群(A)で
6週後はマイナス0.8㎏、12週後はマイナス2.80㎏

 

3ヶ月で3㎏弱の減少は
皆さま、どうお感じになるでしょうか。

 

非摂取群(C)では、
6週後はマイナス0.06kg、12週後でマイナス0.52㎏

 

運動や食事管理も普段通りですので、
全然減少してませんね。

 

 

<BMI(㎏/㎡)>

時点ラクビ単品群(A)変化量非摂取群(C)変化量
摂取前27.15 ± 4.6127.26 ± 2.57
6週後26.96 ± 4.89-0.19 ± 0.3827.24 ± 2.72-0.02 ± 0.46
12週後26.03 ± 4.68-1.13 ± 1.0927.04 ± 2.77-0.22 ± 0.49

BMIについては、ラクビ単品群(A)で
6週後はマイナス0.19㎏/㎡、12週後はマイナス1.13㎏/㎡

 

非摂取群(C)では、
6週後はマイナス0.02㎏/㎡、12週後でマイナス0.22㎏/㎡

 

 

<体脂肪率(%)>

時点ラクビ単品群(A)変化量非摂取群(C)変化量
摂取前38.64 ± 5.5438.70 ± 3.52
6週後37.83 ± 5.94-0.81 ± 1.1638.95 ± 3.810.25 ± 1.12
12週後36.28 ± 6.42-2.37 ± 2.3837.84 ± 4.31-0.86 ± 1.63

体脂肪減少率については、ラクビ単品群(A)で
6週後はマイナス0.81%、12週後はマイナス2.37%

 

非摂取群(C)では、
6週後はプラス0.25%、12週後でマイナス0.86%

 

 

ラクビによる12週(3ヶ月)後のダイエット効果は、解析の結果、ウエスト、体重、BMIにあったといえるでしょう。
しかし、非摂取群(C)では運動プログラムや食事ルールが課せられていないので、純粋にラクビの効果によるものかは確認できないと思います。

 

ラクビ単品群(A群)とこうじ酵素併用群(B群)の比較結果

ラクビ単品群(A群)と
こうじ酵素併用群(B群)の比較結果を
以下にお示しいたします。

 

<ウエスト周囲径(㎜)>

時点ラクビ単品群(A)変化量こうじ酵素併用群(B)変化量
摂取前91.61 ± 10.6289.13 ± 7.40
6週後87.79 ±  9.92-3.82 ± 5.4884.63 ± 5.43-4.50 ± 5.61
12週後87.43 ± 11.04-4.18 ± 4.3683.18 ± 5.58-5.95 ± 5.61

ウエストについては、こうじ酵素併用群(B)で
6週後はマイナス4.50㎜、12週後はマイナス5.95㎜

 

ラクビ単品群(A)とこうじ酵素併用群(B)では
運動プログラムや食事ルールも同じ基準ですので
比較検討ができると思います。

 

変化量でみれば
こうじ酵素を併用した方が
痩身効果がアップしたという
印象を持つかと思います。

 

しかし、解析結果によると
違いはないという結果となっています。

 

<ヒップ周囲径(㎜)>

時点ラクビ単品群(A)変化量こうじ酵素併用群(B)変化量
摂取前103.90 ± 9.4298.62 ± 4.47
6週後100.36 ± 9.14-3.54 ± 1.3996.91 ± 4.67-1.71 ± 2.70
12週後100.48 ± 9.69-3.43 ± 3.2595.17 ± 6.37-3.45 ± 3.19

ヒップについては、こうじ酵素併用群(B)で
6週後はマイナス1.71㎜、12週後はマイナス3.45㎜

 

A群、B群ともに違いはないですね。

 

<体重(㎏)

時点ラクビ単品群(A)変化量こうじ酵素併用群(B)変化量
摂取前71.92 ± 10.5765.04 ± 6.58
6週後71.12 ±  11.47-0.80 ± 1.3362.90 ± 7.07-2.14 ± 1.18
12週後69.12 ± 11.13-2.80 ± 2.3461.38 ± 6.42-3.65 ± 1.32

体重については、こうじ酵素併用群(B)で
6週後はマイナス2.14㎏、12週後はマイナス3.65㎏

 

いったん6週後には、
こうじ酵素併用群(B)のほうが
減少傾向は大きくなります。


しかし、最終的な3か月後には
A群、B群ともに違いはないですね。

 

<BMI(㎏/㎡)>

時点ラクビ単品群(A)変化量こうじ酵素併用群(B)変化量
摂取前27.15 ± 4.6126.59 ± 1.93
6週後26.96 ± 4.89-0.19 ± 0.3825.93 ± 1.88-0.67 ± 0.58
12週後26.03 ± 4.68-1.13 ± 1.0925.14 ± 1.84-1.45 ± 0.58

BMIについては、こうじ酵素併用群(B)で
6週後はマイナス0.67㎏/㎡、12週後はマイナス1.45㎏/㎡

 

体重と同様にいったん6週後には、
こうじ酵素併用群(B)のほうが
減少傾向は大きくなります。

 

しかし、最終的な3か月後には
A群、B群ともに違いはないですね。

 

<体脂肪率(%)>

時点ラクビ単品群(A)変化量こうじ酵素併用群(B)変化量
摂取前38.64 ± 5.5438.59 ± 3.25
6週後37.83 ± 5.94-0.81 ± 1.1637.94 ± 3.39-0.65 ± 0.92
12週後36.28 ± 6.42-2.37 ± 2.3835.35 ± 4.35-3.24 ± 2.42

体脂肪減少率については、こうじ酵素併用群(B)で
6週後はマイナス0.65%、12週後はマイナス3.24%

 

こちらも、最終的な3か月後には
A群、B群ともに違いはないですね。

 

 

こうじ酵素を併用することによる12週(3ヶ月)後のダイエット効果は、解析結果によると認められませんでした。
ただし、6週後では体重、BMIへの効果が見られたといえるでしょう。

ダイエット効果のまとめ

解析の結果を論文通りに伝えると…
「有意な差が認められた」という
言葉でしか表現できません。

 

この表現では何を言っているのか
ピンッと来ましたでしょうか。

 

ラクビ単品群(A)では、
運動プログラムや食事ルールのもと、
70キロの女性がチャレンジし
3ヶ月後にはマイナス2.8キロできます。

 

こうじ酵素併用群(B)でも
運動プログラムや食事ルールのもとで
65キロの女性がチャレンジし
3ヶ月後にはマイナス3.65キロできます。

 

解析結果によると、
A群とB群に有意な差が認められず
こうじ酵素を併用する有効性はありませんでした。

 

皆さまは、この結果から
どのような感想をお持ちになりますでしょうか。

 

運動プログラムは軽めなものですが、
食事ルールの腹6分目は
結構きついのではと感じます。

 

本来であれば、非摂取群(C)も
運動や食事は同じ条件にしてほしかったです。

 

そうでなければ、ラクビを摂取することで
痩身効果がアップするのかは検討できません。

 

この結果は、運動や食事管理の結果
だったのかもしれませんし。

 

それにもう少し長く検証した結果も
見てみたいものです。

 

このような結果となりましたが、
みなさまの判断基準も交えて
ラクビを摂取するべきか、
こうじ酵素も追加するべきかご判断ください。

 

解析結果では有意差こそ出ませんでしたが、
こうじ酵素についても気になりますので
またの機会にレビューいたしますね。

 

<参考文献>

https://www.shinryo-to-shinyaku.com/db/pdf/sin_0055_07_0526.pdf

ラクビのダイエットに効果的な飲み方

サプリメント飲み方

今回の論文から
ラクビのダイエットに効果的な飲み方が
分かるかと思いますので、まとめておきます。

飲むタイミングや1日何粒がいいのか

1日何粒飲むべきなのかや飲むタイミングについては
「毎夕食前1粒を水またはお湯で噛まずに飲む」
として痩身効果を検証していますので
同様にしてお試しいただくのがいいと思います。

 

ラクビ1袋の内容量は
8.3g(269㎎×31粒)ですので、
この飲み方なら1ヶ月分となります。

 

1ヶ月あたり2,740円(税込)ですので
続けにくい値段でもないかと思います。

痩せたいなら運動はマスト

痩せたいなら運動はマストです。

 

論文でも、運動プログラムとして
ドローインとレッグレイズが条件となっています。

 

どんな運動なのかは、
動画を貼っておきますので
参考になさってみてください。

 

隙間時間に簡単にできそうです。

 

<ドローイン>

 

<レッグレイズ>

 

 

食事の注意点

食事の注意点は、
以下に列挙しておきます。

 

・間食をしない
・米食は1食につき1膳(150g)
・毎日必ず朝食を摂る
・食べる際は、野菜から食べる
・1口につき30回咀嚼
・20分かけてゆっくり食べる
・食事の量は腹6分目を目安
・20時以降の食事は厳禁
・アルコール摂取時は缶ビール1は1日1本(350ml)

 

参考になるのは、米食は150gまで!

 

面倒かもしれませんが、測ってみると
次第に適量を感覚でつかめるようになりますよ。

 

食事の量は腹6分目ができたら、
サプリメントを飲まなくても
痩せられそうですね!

 

まとめ

今回のブログでは、
ラクビの論文「酪酸菌配合サプリメント摂取による
痩身効果」を検証してみました。

 

論文は読み込むのに抵抗がある方も
多くいらっしゃるかと思います。

 

分かりやすいようにまとめてみましたが
いかがでしたでしょうか。

 

論文としては、
有意差が認められた点が記載されていますが
数字の変化を見た感覚で
どうお感じになるのかは様々かと思います。

 

ダイエットを成功させるために
必要な要素もありましたので
今後サプリメントを選ぶ基準のひとつとして
お役に立てれば嬉しいです。

 

以上、みぽまるでした。

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

【厳選】みぽまるがおススメするダイエット優良商品

👆クリックすると確認できます👆

 

ズボラでダイエット経験豊富なみぽまるが
おススメするダイエット優良商品の一覧です。

 

失敗や成功も含めて経験豊富の中から、
「コレはおススメできる!!」
「誰でも再現可能だ!!」というものを厳選し
ダイエット優良商品として一覧にしています。

 

ぜひとも、チェックしてみてくださいね☆

 

皆様のお役に立てれば光栄♪

このブログでは
世の中にはびこる無数の商品・方法を、
研究、検証して
少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。

 

メルマガ読者募集中!

みぽまるのメルマガを始めましたので、
読者を募集中です♪

 

その名も「黄金人生への道」👣

 

これまでの自分とサヨナラして👋
一歩ずつ理想の自分へと進んでいきましょう!

 

メルマガは登録無料。

 

いつでも配信解除できますので、
お気軽にご登録くださいね。

 

みぽまるの無料メルマガ募集
みぽまる みぽまるのメルマガについて ご案内をさせて頂きます(登録無料)♪ ご訪問頂き有難うございます👣 みぽまるのメルマガを始めます! ...

⇒ みぽまるの無料メルマガ「黄金人生への道」に登録してみる♪

 

無料相談受付中!

このブログでは
ともに磨き合える仲間を募集しています。

 

また、私のダイエット経験を生かして
ダイエットのご相談にものれるかなと思います。

 

無料での相談を受付中ですので、
みぽまるへのお問い合わせ・ご質問がありましたら
お気軽にご連絡くださいね~♪

 

【問い合わせ】無料相談受付中
みぽまる こんにちは。 “ズボラ~”のみぽまるです。 無料でのお問い合わせを 受け付けています♪ ~お問い合わせについて~ 私は、過去に様々なダイエットに チャレ...

⇒ みぽまるに無料で相談してみる♪

 

以上、
ズボラ改善中のみぽまるでした☆

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました